山口自動車

BLOG

格納ゲート取付架装☆BPテクニカルセンター

2019 / 4 / 12

みなみなさま~こんにちは‼

暖かくなったり( ^ω^)・・・めっちゃ寒かったり(>_<)

みなさま~体調くずしておりませんか❓

くずさないようにお気をつけてくださいね☺

今回ご紹介するのはBPテクニカルセンターで作業が行われた

新明和工業製の ” かくのうゲート ” 取付作業の様子です。

パワーゲートとは、人力で持ち上げるのに大変な荷物などを積み下ろすのに

使われます。

” かくのうゲート ” は必要でないときは、文字通り荷台の下に格納されています。

後の扉を開けたいとき、パワーゲートを必要としないときには普通のトラックと

して使えます。なるほど( ..)φメモメモ

 

それでは作業開始です!

まずは取付に際しての下準備です。

今回の車輛はウイングのパワーユニットや、エアサスコントローラー

の移設が必要です。

 

架装班” Tくん ” が、段取り良く進めていきます。

 

SUS(ステンレス)製ボデーのエンドパネルも加工します。

パワーゲートが上がった時に、干渉する箇所を切り欠きます。

ナンバープレートも、見えるよう切り欠きます。

SUS(ステンレス)製ボデーの加工もお任せください!

 

フォークリフトを使って、仮合わせを行います。

当然ですが、新品なのでとても気を使います(^_^;)

 

取付位置は決まりました!

これから周辺を纏めていきます。

 

荷台の床面とパワーゲートのフロア面との高さに差がない様に調整し

その上で荷台とフロアの間に、渡し板も取付します。

渡し板はお客様が使う台車のタイヤが、引っかからないようにする為のものです。

 

テールランプや当たりゴム、その他の補器取付を行います。

その後に、作動確認も含め最終チェックを行い・・・

 

完成です!

ちょっと見えずらいですが、アルミ縞板の化粧板を貼り付けてから

ナンバープレートブラケットも付いています。

なかなか格好いいです。すっばらし~(#^.^#)

 

山口自動車は、新明和工業 株式会社さんの、指定サービス工場です

新明和工業製の特装車のお困りごと、なんでもご相談くださいね(/・ω・)/

お待ちしております

 

 

←BACK