山口自動車

BLOG

パレットローラー新規架装作業☆BPテクニカルセンター架装

2019 / 7 / 3

みなさ~んこんにちは!

スッキリしない天気がつづいてますね~(*^-^*)

いかがお過ごしでしょうか

今回ご紹介するのは・・・

車輌機器製の、パレットローラー新規架装作業の様子です

パレットローラーとは?

トラックの荷台でパレットに梱包された荷物を、効率的に移動・積み込むことが可能な装置です

 

車輌機器製のパレットローラーは、油圧でローラーコンベアをリフトアップ(上昇)します

ローラーコンベアがパレットを持ち上げ、力に頼らずにパレットを移動させることが出来る装置です

スイッチ操作のみで、リフトする高さも調整が出来ます

落下事故防止に、自動パレットストッパーも標準装備です

ジョルダーレール(ジョルダーというのはメーカーの名前)と使い方は似ていますね

 

それでは作業開始です!

 

レールを取り付けるために、まずは床板を全部取り外します

今見えている黒いシートは、防水用のシートです

床板を水や湿気から保護する役割をもっています

 

防水シートをはぐると、ボデーの骨格でもある ” 横根太 ” が見えます

今回油圧のユニットを横根太に取り付ける必要があるのですが、間隔が合わないため

横根太を1本移動してしまいます!

 

無事、油圧ユニットも付きました

横根太を移設したので、取付位置もバッチリです

 

続いて、レールの高さと床板の上面が面一となるように、木材を加工したものをセットし嵩上げします

レールの高さが60㎜のため、床板厚21㎜+加工木材39㎜で合わせます

 

そして床板を取り付けます

床板の間の空間に、レールが入る予定です

ここの位置決めは失敗できません!

 

横から見た感じです

均等に、整然と並んでいます

 

そして、4本のレールを取り付けます

床板との隙間もなく、バッチリの仕上がりです

 

レールにローラーコンベアを嵌め込んで、完成です!!すばらし~い!(^^)!

走行時等の未使用時は基本、このローラーが下がっている状態となり、床面はフラットとなります

 

そして、パレットローラー作動時のリフトアップ状態です

重い荷物もローラーが転がって、スムーズに荷台の奥まで移動することができます

車輌機器様の製品案内にもある ” お客様の声を聞き物流効率と安全性を追求しています!”

を、感じますね

 

山口自動車では、車輌機器製パレットローラーの新規架装も行っています

車輌機器製パレットローラーのこと、なんでもご相談くださいね(/・ω・)/

お待ちしております

 

 

 

 

←BACK